2021年02月22日

いま生きているという冒険 増補新版

いつかミュージシャンの方のラジオ番組に
石川直樹さんがゲストでお話されていて

石川さんの写真て
風景に自分が
よっていってる感じがするんですよね

そうなんです
この地球の風景は広大すぎて
ぼくはそこに行って撮らせてもらう
みたいな気持ちです

そんなような会話がありました

作品をみて
ああこの写真家は
風景によっていってるなあ
って おもうんだ

アーティスト同士の会話って
すごいなあ
とおもいました

この本を読んでみると

リアルなデスゾーンを経験したり
いつ命がなくなっても
おかしくない環境や状況に
飛びこんでいって

「生きている実感」で
喜びがあふれる…とは

この世界には
いろんな人が
いろんなことを求めて
あるいは求めずに
生きているんだなあ
としみじみします

「冒険家という肩書きに違和感を抱く」
という
石川直樹さん

「現実に何を体験するか、どこに行くかということはさして重要なことではないのです」

と これだけのことに挑みながら
きっぱり言われています

わたしはふと
この世界に敬意をもつ
とか
自分はどんな環境にいても
地球にいる小さな存在だ
と意識する
みたいなことがうかびました

この本を読んで
わたしも
チョモランマに登りたいなあとかは
さっぱり(!)おもわないのですが

わたしの
生きている冒険とはなにかを
あらためて
考えてみようかな
とおもえました

さまざまな写真のなかで
聖地を巡るものに心ひかれましたから
わたしの冒険への小さな鍵が
そこに
あるのかもしれません

そんなふうに
この本を手にとった
あなたの冒険をみつける
ヒントがこのなかに
あるかもしれません

いま生きているという冒険 増補新版
石川直樹
新曜社

山口 敦子
リブロ 新大阪店

Pick Up

おすすめアイテム