• HOME
  • LIBRO+buzz
  • マンガで「めんどくさい」がなくなる本
2021年11月25日

マンガで「めんどくさい」がなくなる本

めんどくさいは無くならないと思っています。
めんどくさいものはめんどくさいんですもの。仕方がありません。
考え方を変えれば、結果が出れば、なくなるかも知れません。
ですが、実際にはなくならないんだもの。って、そんな考えの私はめんどくさいがなくなる本を読むこと自体めんどくさく感じる始末。

でも、気になる自分がいるのも事実でそんな欲求を満たしてくれるのがマンガです。
書籍はなかなか進まないので挫折しがちですがマンガはその点、挫折しにくいです。
章が終わる毎に説明があります。まずこの説明はスルーして漫画の部分だけを読みました。

そうなると気になるのが何故、この主人公はこうなれたのか?と、説明部分の太文字を辿るようになりました。
これならできてるはずなのに、やっているのになんで?って疑問が出てきたところだけ、ちゃんと説明を読みました。
そうやって読み終えた後にめんどくさいが無くならないと思っているのに、ちゃんと読んだ自分自身を褒めてあげました。
めんどくさいがある方が少しでもできたときに自分もやればできる子では?って少し自信に繋がります。

本を買いに行くのもめんどくさい!と思われる方に朗報です。
ほんらぶアプリ利用すれば、簡単注文&自宅まで本を届けてもらえます。
まずは本を読もうとした自分自身を褒めてあげることから始めていきましょう!

私は漫画版だけじゃもの足りず、書籍版も読もうと思います。
私の性格が1番めんどくさいですね(笑)

マンガで「めんどくさい」がなくなる本
鶴田豊和/鍋島焼太郎/藤原ちづる
フォレスト出版

嘉納 芙佐子
リブロ 江坂店

Pick Up

おすすめアイテム