2022年01月31日

N

短編集と言うのでしょうか。章ごとに別々の話なような、でも繋がっているのです。この本の面白いところは、どの章から読んでも成り立つんですよね。ちぐはぐにならないのです。

720通りの読み方があるって帯に書かれていたので、興味が湧いて読んでみました。最初に各章の冒頭文が読めるようになっています。そこから興味を持ったものを選びます。私は、その冒頭を読まず、奇数章から読んでいくことにしました。何故なら、奇数は本を逆さまにして読むのです。普段はそんな読み方をしないので、それだけでワクワクしました♪

各章ごとでもほっこりするのに、それが繋がったとき、また違う視点から物語が見えたときに、すごい…って思わず呟いてしまいました。内容だけでなく、読み方から楽しませてくれる新感覚の本です。

本屋さんで見つけたら、ぜひ手にとってみてくださいませ。

嘉納 芙佐子
リブロ 江坂店

Pick Up

おすすめアイテム