2022年03月01日

第8回「あゆみCOMIC大賞」受賞作決定!

あゆみCOMIC大賞とは…

その年に発行されたコミックスでまだ巻数の少ないものから、「これは2021年の最高傑作だった」「もっとたくさんの人に読んでもらいたい」など、自分たちの手で多く売っていきたい渾身のオススメ作品を、独自視点で選んだ賞です。第8回となる今回は、2021年1月1日から2021年12月31日に発売された作品で、巻数が5巻までのものを対象とし、コミック担当者による推薦をもとに最終候補作品を絞った後、投票によって大賞、入賞を決定いたしました。選考にはあゆみBOOKS、文禄堂の他、オリオン書房、リブロ、CROSSBOOKSなどリブロプラス全店のコミック担当者が参加しています。

第7回あゆみCOMIC大賞の『怪獣8号』は「マンガ大賞2021」「次にくるマンガ大賞2021」「このマンガがすごい2021大賞」を受賞。第6回入賞の『メタモルフォーゼの縁側』は2022年に芦田愛菜さんと宮本信子さんで実写映画化と注目作にいち早くスポットを当ててきました。

第8回あゆみCOMIC大賞は『九条の大罪』真鍋昌平(小学館)に決定いたしました!

◇弁護士視点から社会の闇を描いている画期的な作品(リブロ 東銀座店)

◇法と感情のはざまで揺り動かされます(リブロプラス 店舗運営部)

◇きわどいところを攻め続ける妙作(リブロ エミオ富士見台店)

◇ウシジマくんに続き真鍋ワールド全開(あゆみBOOKS 仙台一番町店)

入賞は4作品!

第8回あゆみCOMIC大賞・入賞
『いびってこない義母と義姉』おつじ(一迅社)

◇誰も傷つかない優しい世界に思わずニッコリ。(パルコブックセンター 新所沢店)
◇幸せの塊みたいな作品です。全編ほのぼの、ほっこり、たまにほろり。最近何度も読み返しています。(リブロ 狭山ヶ丘店)
◇なんとも拍子抜けしてしまいますが、そこがツボで面白い!(リブロ 大分わさだ店)
◇いびらないどころかもう愛が溢れてる。良い人たちしかいない優しい世界。斬新な設定が新鮮で面白い。(あゆみBOOKS 仙台一番町店)

第8回あゆみCOMIC大賞・入賞
『海が走るエンドロール』たらちねジョン (秋田書店)

◇「年齢や他人からの目を理由にして自分の気持ちに蓋をしてはいけない」大切なことを思い出させてくれた作品です。(リブロ 郡山店)
◇何かを生み出すこと、作りあげることはとても大変でそれを航海に例えるのは素敵だと思いました。(オリオン書房 ノルテ店)
◇不覚にもラストで泣いてしまった。。もっと売りたい。(リブロプラス 商品部)

第8回あゆみCOMIC大賞・入賞
『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』ナガノ(講談社)

◇可愛らしい絵柄と不思議な世界観のギャップがたまらないです。(オリオン書房 サザン店)
◇かわいくて、クスっと笑えてほっこりして、とにかく癒されます!(リブロ ララガーデン春日部店)
◇設定や話が、ゆるかわなキャラなのに結構シビアだったりして面白いです。(リブロ 東銀座店)

第8回あゆみCOMIC大賞・入賞
『ひらやすみ』真造圭伍(小学館)

◇キャラクター、ストーリー、すべてが優しく愛おしい(文禄堂 高円寺店)
◇疲れたときに読みたい最強の癒やし漫画(あゆみ)BOOKS 杉並店
◇誰もが目にしているはずの日常、真造圭伍の目を通すと見える穏やかで猛々しい日常が既に愛おしいです。(よむよむ マツバラテラス店)
◇「のんびりしたっていいじゃない!」とのほほん力強く(?)人生を応援してくれる1冊。(文禄堂 荻窪店)

最終ノミネート作品も見逃せない!

『アオのハコ』三浦糀(集英社)
◇スポーツと恋愛、両方にピュアに向き合う青春物語。ストーリーのみならず絵からも感じられる爽やかさに引き込まれます。(よむよむ 横浜仲町台店)
◇ジャンプでは珍しい清涼感あふれる青春ラブコメ。
登場人物がみんな部活に一生懸命で、だからこそただのラブコメじゃない、青春あふれるストーリーに胸キュン必須です。千夏先輩も雛ちゃんも可愛くて選べない!!ラブコメを普段読まない方にも1度読んでほしい、甘酸っぱいサイダーみたいなマンガです!(リブロ 南町田グランベリーパーク店)

『ウィッチウォッチ』篠原健太(集英社)
◇ギャグもシリアスも切れ味がすごい!メディア化待ったなし!!(リブロ ひたちなか店)
◇マジカルラブコメという新ジャンルが面白い!!(リブロ 福生店)

『ウマ娘 シンデレラグレイ』漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames)(集英社)
◇アニメ、ゲーム、コミックと2021年を象徴する作品だと思います。(CROSSBOOKS EQUiA北千住中央店)
◇胸打つ熱いスポ根マンガ。カワイイだけのウマ娘ではなく、泥臭く血のにじむような努力の先にあるレースは胸をうつ。(あゆみBOOKS 平和台店)
◇胸打つ熱いスポ根マンガ。カワイイだけのウマ娘ではなく、泥臭く血のにじむような努力の先にあるレースは胸をうつ。(文禄堂 高円寺店)

『ジーンブライド』高野ひと深(祥伝社)
◇ジェンダー論的な漫画かと思って読み進めていたら、一巻の最後でSFな展開になり衝撃を受けた。絵が綺麗。(リブロ 別府店)
◇女性として生きる上で日々起こるダルい案件に自衛くそくらえ!とボコボコ石を投げ続けてくれるマッチョな作品です。読み進めた先に全く予想のつかなかった展開が待っている驚きの第1巻、ジーンブライトって…なんなの〜〜!!!?(文禄堂 荻窪店)

『スノウボールアース』辻次夕日郎(小学館)
◇ストーリー展開とキャラクターがお気に入りで、久々に続きが早く読みたくなる1冊です。1話から惹きこまれるのでSF,ロボットもの好きは是非!!(リブロ 小手指店)
◇こういうリアルロボットを待っていた!(よむよむ フレスポ甲府東店)

『ダンダダン』龍幸伸(集英社)
◇2022年はダンダダンで決まり。読んでない人は今すぐ読んで欲しい。(オリオン書房 アレア店)
◇ハイテンションでスピード感と勢いがとにかくすごい!幽霊にUFOにバトルアクションにラブコメと、いろいろ盛り盛りでぶっ飛んでるのに、めちゃくちゃ読みやすいのが本当に不思議で最高です!!(リブロ ららぽーと富士見店)
◇オカルトとSFの融合。最高です!(よむよむ フレスポ甲府東店)

『ブランクスペース』熊倉献(ヒーローズ)
◇シスターフッドなSF漫画と思わせておいて、常に予想外な展開を示す極めて暴力的で不穏な作品。次巻が気になって仕方がない。(リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店)
◇コミックでこんなことが表現できるんだと驚きました(文禄堂 高円寺店)

『合コンに行ったら女がいなかった話』蒼川なな(スクウェア・エニックス)
◇題名と表紙ではこの内容は想像できない!ぜひ読んで!(リブロ 鴻巣店)
◇どこでアルバイトしてるか教えて下さい(行きたい!!)(リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店)

『作りたい女と食べたい女』ゆざきさかおみ(KADOKAWA)
◇友達?とも形容しがたい不思議な関係。そんな繋がりもありだな、と。(リブロ 郡山店)
◇なんか、どこかで、あこがれてしまう。(リブロプラス 店舗運営部)

『東京ヒゴロ』松本大洋(小学館)
◇長く漫画界で人気作品を発表し続ける松本大洋先生だからこそ描ける、編集者と漫画家の関係を描く傑作。改めて、書店員としても読者としても、漫画に対して誠実でありたいと思いました。自分が「好き」だと思う気持ちの真ん中を大切にしたいという勇気をもらえます。(文禄堂 荻窪店)
◇表紙のインパクトが最高です(リブロ 東銀座店)

『逃げ上手の若君』松井優征(集英社)
◇日本史の資料集に載るべき輝作(文禄堂 早稲田店)
◇「中先代の乱」というマイナーな事件を見事なエンターテイメントに仕上げている。歴史ものなのに、松井テイストに変わりがないのも凄い。(リブロ 南砂町ショッピングセンターSUNAMO店)

店頭で「受賞記念ペーパー」をゲットしよう!

3月1日からあゆみBOOKS、文禄堂、オリオン書房、リブロなどの店頭であゆみCOMIC大賞フェアを開催いたします。フェア開催店舗で受賞作品をお買い上げいただくと「受賞記念ペーパー」の特典付き!ぜひ店頭でお手に取ってご覧ください。

『第8回あゆみCOMIC大賞』受賞記念ペーパー 配布対象作品
大賞『九条の大罪』
入賞『いびってこない義母と義姉』
  『海が走るエンドロール』
  『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』
  『ひらやすみ』

※受賞記念ペーパーは配布対象作品の一巻にお付けします。
※無くなり次第配布を終了いたします。

あゆみCOMIC大賞は今後も継続して実施し、独自の良書発掘に取り組んでまいります!

第7回あゆみCOMIC大賞
第1回~6回あゆみCOMIC大賞

Pick Up

おすすめアイテム