2022年06月08日

むらさきのスカートの女

出版社さんの企画(POPコンテスト)に興味を持ち、発売されてからすぐに読みました。

驚愕の事実が隠れているわけではなく、ポロポロと泣くほどの感動も悲しみもなく、だからこそすっと物語に入り込めました。ハッピーエンドではないのですが、笑えます。不愉快にならない程度のブラックコメディかなと。

個人的に、三谷幸喜監督がこの作品を映像化してくれたら、原作通りの世界観、またはそれ以上のものを作り上げてくれるだろうなと思いました。どこにでもいそうな女性の日常を切り取ったお話です。むらさきのスカートの女と仲良くなりたいが為にとった行動が、少し大胆だったりするだけで。ページ数は少なめですが読みごたえは十分あります。ぜひ、気になられた方は手にとってくださいませ。

むらさきのスカートの女
今村夏子
朝日新聞出版

嘉納 芙佐子
リブロ 江坂店

Pick Up

おすすめアイテム