2022年06月09日

風神館の殺人

新刊コーナーに好きな作家さんの名前があれば、ついつい手にとってしまいます。おかげで積まれている本が減りませんが、デビュー作から読まさせてもらっている石持さんの新刊が出たら読むしかないなと(笑)

『風神館の殺人』
分かりやすいタイトルですよね。内容も分かりやすかったです。フウジンと言う企業に、復讐するために集まった10人の男女たちの連続殺人事件です。裏切り者は誰なのか!?

10人ですよ?1人ずつ死ねば容疑者も限られてくるのですが、これがまた分からないのです。生き残ったメンバーの推理を、“なるほどな。”と頷きながら読み進めていたら、いつの間にか終わっていました。

石持さんの作品は、読み終わった後にモヤモヤすることや、気が滅入ることが少なく、気持ちよく読み終えられるのでとても気に入っています。何人も殺されているのに、“スッキリした!”と言うのもおかしな感想ですが、それぐらい読みやすくおもしろかったです。

風神館の殺人
石持浅海
PHP研究所

嘉納 芙佐子
リブロ 江坂店

Pick Up

おすすめアイテム