2022年06月21日

虎を追う

個人的に櫛木さんの作品が好きなので、新刊が発売されたらすぐに読みたくなります。描写や殺害方法の描写がなかなか残忍で、文字でも目を背けたくなります。そんな犯人は許せない!と、本の世界にのめり込ませてしまうのが、櫛木さんの作品ではないでしょうか。

今回の作品は冤罪事件を扱った作品です。老刑事が足で事件を洗うだけではなく、お孫さんたちと一緒にSNSの影響力を使い、メディアの力で知名度を上げ、雑誌記者の協力でより世論を煽っています。どれかが悪者になりやすいはずなのに、この作品はどの媒体も正しい使い方、広げ方が描かれていて、すごく好感が持てました。

犯人は誰だ?より、事件に関わった人たちのドラマがメインの作品なので、残忍な描写が苦手な方も少しだけ頑張ってもらえたら、とても感動できる作品です。ぜひ読んでもらえたら嬉しいです。

虎を追う
櫛木理宇
光文社

嘉納 芙佐子
リブロ 江坂店

Pick Up

おすすめアイテム