インフォメーション
INFORMATION

イベント情報詳細

第2回【丸屋九兵衛’s ブッカー・T・ワセダ】
presented by 文禄堂テーブルトーク

2020年02月07日

丸屋九兵衛 IS BACK IN WASEDA!
早稲田大学文学部が生んだ人文系サブカルの奇才にして「万物評論家」。
国内外でカルトな人気を誇るQB先輩がワセダに帰ってきた!毎月末日の夜を基本に、早稲田の書店で、書籍を語る。そんな書痴貫徹なトークシリーズを始めたのです。
その名も 【丸屋九兵衛’s ブッカー・T・ワセダ】
場所は、東京メトロ東西線の早稲田駅から至近!文禄堂早稲田店です。

そんな【ブッカー・T・ワセダ】の第2回は2020年2月29日(土)。今回は題して、「黒人歴史月間だから、アフリカ系偉人たちの本を」
アメリカ合衆国の黒人歴史月間(Black History Month)である2月を記念して、政治・教育・文化に貢献した偉大なアフリカン・アメリカン/ブラック・ピープルの著作と伝記を紹介!
「現実世界のキルモンガーとブラックパンサー」とも喩えられるマルコム・Xとマーティン・ルーサー・キング。そして彼らに続く活動家たち。
『私は あなたのニグロではない』のジェームズ・ボールドウィンだけではない、黒人作家たち。
そして何よりも……プロレスラーでもミュージシャンでもない「ブッカー・T」とは?!

有名なのに隠れた人物たち(hidden figures)にスポットをあてる、日本でたぶん唯一のレア書店トークを、あなたに。

日程:
2月29日(土)
時間:
17時00分開場
17時30分開演
(19時終了予定)
場所:
文禄堂 早稲田店内 イベントスペース “Table Talk Waseda"

■イベント料金について
ベーシックな2タイプ(期間限定・特別廉価!)と、特典付きの5タイプを取り揃えています!
ベーシック:
●一般=今だけ1000円
●早稲田在学生=今だけ0円(学生証提示のこと)※数量限定

以下の特典付きは自己申告/希望制(他校の方も歓迎光臨)。全て、「丸屋九兵衛との2ショット写真撮影権」付き
●早稲田大学卒業生コース=OGおひねり2000円
●早稲田大学関係者コース=アーリーライスおひねり3000円(握手付き)
●早稲田大学教授コース=アカデミアンおひねり3500円(クリンゴン握手付き)
●早稲田大学総長コース=ギャラクシアンおひねり4000円(ハグ付き)
●大隈重信コース=ビッグベアおひねり5000円(ベアハグ付き)

■参加方法
peatixにてお申し込みください。
※店頭では受付いたしません。
※ご予約時にご精算ください。

■登壇者プロフィール
丸屋九兵衛(まるや きゅうべえ)
早稲田大学第一文学部(当時)哲学科人文専修でヴードゥー教やゾンビ(本物)について学び、5年かけて卒業。ちょっぴりイリーガルな職業を経て、黒人音楽専門誌『ブラック・ミュージック・リヴュー』編集部に就職。ロンドンやシンガポールの団地での住み込み生活を経て、現在は同誌がウェブサイト化した『bmr』の所有者。東京よりも台北と台南のほうが顔パスが効く、寂しくも特殊な音楽評論家として活動しつつ、歴史コメンテイター、SF/ファンタジー愛好家、ポップカルチャー論者としても執筆&講演。オタク的カテゴリーから学術的分野までをカバーするムダに幅広い知識で人々を混乱させてきたため、最近は「万物評論家」とも。著書に、ディーン・フジオカが絶賛した『史上最強の台北カオスガイド101』や、防弾少年団(BTS)のRMも読んだ『丸屋九兵衛が選ぶ、ヒップホップの決めゼリフ』、一部で●△※!な『丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER』など。

イベントカテゴリー

ブランドカテゴリー

年別アーカイブ